貸衣装を上手に利用しよう

「一枚の着物を何度も着るより、いろいろな着物を着てみたいから」「着た後の手入れや収納の手間がいらないから」などの理由で貸衣装を利用する人が増えており、最近では、アンティークの着物だけを貸し出すレンタルショップなどもあるほどです。
では、貸衣装を利用する際にはどんな点に注意すればよいのでしょうか?今回はそのポイントをいくつかご説明したいと思います。

借りる手順と選ぶポイント

1. 流行の色・柄・価格を下調べ

あらかじめ、デパートなどでその時期に人気の色柄の傾向や価格を調べ、それを参考に借りたい着物のめどをつけてからレンタルショップに行くようにすれば、無駄なく見つけることができます。

2. 早めに予約

レンタルショップは早い者勝ちです。日数的に余裕を持って見て回り、気に入った着物は予約をしておきましょう。

3. 気に入ったら必ず試着

実際に着てみて、色・柄・寸法の順にチェックします。寸法は身幅や丈などを十分確かめ、自分の体型に合ったものを選びましょう。

冒険は失敗のもと

貸衣装だからといって、かわいらしいイメージの人が粋な着物を着るなど、自分のイメージとかけ離れている色柄に挑戦するのは考えものです。

オンラインレンタル

着物や帯は単品で借りられるので、一軒の店だけでなく、何軒か見て歩いて気に入ったものを別々に借りるという手もあります。
また、最近ではオンラインレンタルショップも数多く存在し、中には全商品往復送料無料というところもあるので、店をゆっくり回る時間がない人や、レンタル商品に慣れていて実際に手にとってみなくても大丈夫という人などには、こういった方法も利用価値が高いのではないかと思います。

702 PV
CATEGORY :