足の痛みもこれで解決!

足に何らかのトラブルを抱えている人の中には、こはぜのある足袋が苦手という人もいるのではないでしょうか。むくみやすかったり、長時間履いていると痛くなってきたりすると、それがつらくて着物をやめたいと思ってしまうこともあるかと思います。

足袋型ソックスや足袋カバーがおすすめ

そんな悩みを抱えている人には、まず足袋型ソックス(タビックス)がおすすめです。今やタビックスも多種多様で、色ものはもちろんのこと、レースのものやかわいい刺繍のあるもの、中には夏向けの穴あきのものなどもあります。

白い足袋にこだわりたいということであれば、足袋カバーがおすすめです。本来は足袋の上から履くものですが、たいていの足袋カバーにはこはぜがついていないので、足袋の代わりに直接履いてしまえば足は確実に楽です。

これをフォーマルな席に履いていくことにはさすがに抵抗がある、と思うかもしれませんが、実際は、足首の裏側など正式な場でそうそう見えるものではありませんし、仮にだれかに見られて何かを言われたとしても、「足が痛くて足袋が履けないもので」と言ってしまえばいいのです。

レースの足袋は着物と反対の色を

タビックスの他に、なかなか評判がいいのがレースの足袋です。これも半衿と同じく、普段着用ならなるべく色の濃いものを選ぶと汚れが目立たなくていいのですが、上が濃い色の着物のときに濃い色の足袋を合わせるとちょっと不潔な感じになってしまうこともあるので、上が濃い色のときには淡い色目の足袋、上が薄めの色なら濃い色の足袋というように、反対色で合わせるほうがよさそうです。

薄ピンク・薄水色は万能カラー

色足袋でどんなときにもオールマイティに合わせることができるのは、薄ピンクや薄水色です。半衿の色とさりげなく合わせるとなおおしゃれです。ただ、色足袋を履く場合は、草履の鼻緒の色との色合わせも少し気にしたほうが見た目はよくなります。