ミセスの社交着

ミセスになると、夫の仕事関係でのお付き合いも広がってくるので、服装に悩むことも多くなりますが、そんなときは着物もぜひ選択肢に入れておきましょう。着物を着るというだけで相手方に敬意を表することになるので、上司や取引先の方、同席する方などに好印象を与えること間違いなしです。

仕事関係には格のある着物を

着物は、パーティーの趣旨・目的・出席するメンバー、そして夫と自分の立場を考えて選びます。
お祝いごとのパーティーには、格があって華やかさを演出できる付け下げにしましょう。上品な模様を選んで色は控えめにし、重厚な袋帯か織りの名古屋帯を締めます。お太鼓結びにするときは、大きく形作ると改まった感じになりますが、ふくらみはあまり持たせずキリッと整えます。
衿元も詰めて合わせ、控えめなイメージに着つけましょう。
夜のパーティーの場合はいくらか華やかに装うため、訪問着か色無地にします。伊達衿や帯締めをポイントにしたり、モダンな袋帯や名古屋帯を結んだりしてもかまいません。

海外でのパーティーにも

海外赴任する夫に同行する場合も、ぜひ着物を持って行きましょう。フォーマルパーティーからホームパーティーまで、海外ではパーティーが日常的に開かれていますが、付け下げや訪問着ならイブニングドレスに引けを取らない衣装なので、どんなパーティーにも着ることができます。

クラス会・同窓会は自分らしく

久しぶりに会うからといって飾り立てるのは考えものです。さまざまな環境の人が集まる中で高価なものや派手なものを着て浮くよりは、個性を大切にした装いのほうが素敵です。手描き調の付け下げや洒落た小紋で出かければ、親しみやすさや温かさがあり、品格も十分です。
帯は名古屋帯か染め帯を合わせます。高級レストランやホテルなど改まった会場であれば、いくらか華やかなものにしてもかまいません。

着物ならではのバリエーションに注目

服装に迷うとつい新しい洋服を買ってしまいがちですが、アレンジ次第で何通りにも着こなせる着物の便利さにも目を向けてみましょう。