着物のお誂えについて

着物が出来あがるまで

通常、着物の制作には多くの職人が分業で取り掛かります。しかし、そのような作り方では、費用も時間も掛かります。また最近では職人の廃業が増え、思うように作れなくなってきています。

今回ネットでお誂えを承る着物は、ひとりの職人が勉強を重ねながら、自分でできる部分を全て担当し、染めなど特別な道具や施設が必要な部分のみを知り合いの職人に依頼することで、できる限り早く・安くなるように、お誂えいたします。

このお誂えサービスは、2013年末で70歳になった職人が、着物を作る続けることができるまでの期間限定のご提供となります。

お誂え料金

お誂えは、着物をお好きな色で染められます。更に、お好きな絞り柄を入れられます。詳細は、地色と絞り柄のページをご覧ください。
料金は、職人から直接買う価格となりますので、お値打ちと思います。

着物:10万円 #ご来店割引価格 (ネット提供予価12万円)

正絹を上品な一色で染め、ポイントとなる絞り柄を散りばめるお着物です。
二色以上で染める場合や豪華な絞り柄、刺繍入れや紋などは別途ご相談下さい。
ご予算に応じて、生地の品質を選ぶことも可能です。

#ご来店割引は、京都へお越しいただいてお誂えをご注文いただいた際のお値引きです。
今後、ネットのみでのご注文も検討いたしますが、その際には色見本や絞り柄・サンプルを郵送でやり取りする必要など出てくるため、それらの費用を考慮に入れた価格がネット提供予価になりますが、やはり満足いただける着物を間違いなくお作りするために「京都へお越しいただきお客様とお会いしたい」という想いを込めて、割引を多めにしています。

帯:5万円 #ご来店割引価格 (ネット提供予価6万5千円)

正絹を一色で染め、ポイントの絞り柄をお入れした帯です。
二色以上で染める場合や豪華な絞り柄、手の込んだ筒絞りの帯などは、別途ご相談下さい。

帯のお太鼓を、オリジナルイラスト柄に:+1万円〜

描かれたイラストを、絞りの技術で染めて柄にする料金は、イラストの難易度によって料金が変わります。サンプルは、イラスト柄のページを御覧ください。

なお、オリジナルのイラスト絞り柄を、帯のお太鼓ではなく、お着物にお入れすることも可能です。(イラストによっては困難な場合もあります。)別途、ご相談下さい。

お誂えの流れについて

着物のお誂えは、京都へお越しいただき、着物職人と直接話をしてお誂えをしていただくのが最も良い方法です。
特に着物の色は、実物を見るのが一番です。観光がてら、京都にお越しいただけると大変嬉しいです。

どうしてもお越しになれない場合は、色見本やサンプル品を郵送でやり取りしたり、スカイプ(テレビ電話)で打ち合わせをするなどの対応を検討させていただきます。

仕立について

仕立ては、お近くの仕立て屋さんで採寸をして、自分の体にあわせて仕立ててもらうことをお勧めします。
京都にお越しいただいた場合には、京都の仕立て屋さんを紹介することも可能です。(紹介のみなので、お安くなるわけではありません。。。)

小物について

京都にお越しいただいた場合には、京都のお店を紹介することはできます。(お安くなるわけではありません。。。)

その他、絞り柄の活用商品

職人の絞り柄で、ハンドバッグや巾着・のれん・掛け軸などをお作りすることもできると思います。別途、ご相談下さい。例えば、絞りのウェルカムボードはいかがでしょうか?
絞りでウェルカムボード

関連ページ
icon

地色の染めと絞り柄

好きな色、好きな柄でお誂え
伝統の絞り染め技法で誂えます。
icon

イラスト絞り柄

あなたの描くイラストを柄に
世界にたった一つの着物になります。