着物を着るとこんないいことがある

普段洋服しか着ない人にとっては、着物の良さというものはなかなか理解しづらいのではないかと思います。
そこで今回は、着物を着ることで得られるメリットをいくつかご紹介します。

人間関係のメリット

まず、人間関係でいえば、なんといっても仲間が増えるということではないかと思います。着物が好きというつながりからどんどんその輪が広がっていき、友達が増えていきます。着物姿は珍しいので知らない人からも話しかけられやすいというのも理由かと思います。

見た目のメリット

また、見た目で得をすることもあります。

体型カバーができる

下腹や脚の太さが気になるという人でも、着物なら全部カバーしてくれるので目立ちません。

優遇してもらえることも

着物姿というだけで、レストランなどでいい席に案内してもらえたりすることもあります。特に外国だと余計にそれが顕著であるようです。

精神的なメリット

もちろん、自分の内面においても変化が訪れます。

オシャレが楽しくなる

髪が伸びたらあのかんざしをさそう、暖かくなってきたらあの着物が着たい、明日はあの半衿をつけてみよう…というように、洋服のときには気にもしなかったことを考えることやオシャレをすることが楽しくなり、女性でよかったと思えるようになります。

季節に敏感になる

着物には季節を表すという楽しさがあります。鳥の鳴き声一つ聞いただけで、そろそろあの着物が似合うころだと思えるような、季節の変化に敏感になるというセンスが身につきます。

外からも内からも充実

このように、着物を着るということは、外からも内からも充実した気分を味わえるということでもあります。着物には若干抵抗があるという人でも、多少は関心を持っていただけたのではないでしょうか。