カメラに対するポーズ

せっかく着物姿で写真を撮る機会があるなら、美しく撮られたいものです。まずは、きれいに見えるポーズを習得しましょう。

ポーズのとり方

右向きに立つ場合は、次の点に注意しましょう。

  • 左足を斜め後ろに引き、そこに右足をかぶらせるように持っていく。足の引き方次第で体の線がきれいに出る。
  • 顔は左足(引き足)の方向にあごを引き、頭を右に1〜2センチ傾ける。
  • 目は右肩まっすぐ前1メートル上を見ると目元がハッキリする。
  • 指は、人差し指を自然に伸ばし、中指から2〜3ミリ曲げると上品に見える。5本の指がバラバラに広がっているとしまりがなく見える。
  • 手の持っていき方に決まりはないが、右手を上前にそっと置き、左手を体から少し離すと体の線がスッキリ見える。
  • 出来上がった姿に、顔が向いているほうの肩を1〜2センチ下げると優しく控えめに見える。

左向きに立つ場合は、上記の反対のポーズをとります。
プロのモデルでさえ厳しい練習を重ねるポーズなので、何度も鏡の前で練習しましょう。

普段の動作から意識する

とはいえ、カメラの前でだけいいポーズをとろうとしても無理が出ます。普段から体や手足の動きを意識し、以下のポイントに注意しましょう。

歩くとき

大手を振らない。正面から見て一本の指に見えるように、手先はバラバラにしない。
足は親指に力を入れ、前へ前へと回すように内股で歩く。

止まっているとき

着物の上前に右手をそっと置くか、両手を前に優しく組む。

コツは、常に足の先から頭のてっぺんまでを意識して緊張感を持つことです。

最終的には内面から

このように形から入っても、最終的にその人を輝かせるのは優しい気持ちやおだやかな心などの、内からあふれ出る美しさです。形と同時に内面を磨くことも忘れずにいたいものです。

808 PV
CATEGORY :