汚れ

Tagged
半衿はレースが便利
いつも白衿ばかりで物足りない、季節ごとに生地を変えるのが面倒、汚れが気になる、なんだか着物が似合わない…。そんな悩みをすべて解決してくれるのがレースの半衿です。
3130 PV
仕立て直しのポイント
古着はなんでも仕立て直せばいいというわけではありません。仕立て直しでも料金は新品と同様だし、解き代や洗い張り代も余分にかかります。仕立て直しをするときは、そこまで手をかけても着たい着物なのかどうかをよく考えてみることが大切です。
798 PV
帯揚げのお手入れ
帯揚げには、きつく縛ったり折りたたんだり、汗を吸ったりすることでかなり強い折りジワが付いてしまうし、汚れも付きます。次回も気持ち良く使うために、使用後のチェックとお手入れは毎回念入りに行いましょう。
1074 PV
足袋の汚れをきれいに落とす
最近では、足袋といってもかつてのような白だけに限らず、色足袋・柄足袋、さらには刺繍入りやレース足袋、タビックスなどが幅広く揃うようになりましたが、当然、お手入れの方法は足袋の素材によって異なります。正しいお手入れのしかたを覚えておき、いつも清潔に保っておきましょう。
901 PV
半衿の洗い方
長襦袢の半衿は、どんなに気をつけていたとしても、衿元に首の皮脂やファンデーションなどが付いて汚れやすい箇所です。黄ばみやシミの原因となる汚れはその日のうちに洗い落とし、しっかり手入れをしておきましょう。
955 PV
シミや汚れは早く正しい応急処置を!
シミや汚れは、時間が経てば経つほど落ちにくくなってしまいます。お気に入りの着物を良い状態で長く着るためにも、シミがついたら定着してしまわないうちに早く、正しい方法で応急処置をしましょう。
750 PV