ユニークな着物生地いろいろ

最近では、絹や木綿の他にも、ユニークかつ意外な生地で作られている着物があります。しかも、気軽に着られて安価なのが魅力です。

デニム

当然ながら絹に比べたら重く、裾さばきにも多少のごわつきは否めませんが、カッコよさと注目度ではどんな着物よりも上を行くといえます。周りからは間違いなく驚かれることでしょう。

まさに、平成の着物の象徴的存在です。

コールテン

冬のおうち着にぴったりです。コールテンは木綿よりも地厚で滑りが悪いので、そのままだと裾さばきが悪くなりますが、薄手の生地のものならそれほどごわごわしません。

ポリエステル

一枚持っているととても便利です。
ポリエステルは通気性が悪いと思われがちですが、それはもはや昔の話で、最近ではとても優秀なものがあります。静電気が多少気にはなりますが、次のような、ポリ着物ならではのメリットもたくさんあります。

  • 発色がきれいでモダンなデザインが多い。
  • Sからトールまでサイズが豊富なので、背が高く手足の長い現代女性のサイズにも合う。
  • 汗・雨・ちょっとした食べこぼしなども気にする必要がない。
  • 洗濯機のドライモードで洗えて、しわにもなりにくい。
  • 価格がリーズナブル。

ウール

しわになっても汚れても自分でお手入れができるので、こたつでゴロンと横になることもできます。ウールは滑りにくいので、着物初心者の着つけの練習にもうってつけです。

手に入れやすく抵抗のないものから

早く着慣れるためにも普段着として着物をどんどん着ていきたいという人には、まずこれらのような、手に入れやすく、なおかつ現代の感覚で抵抗なく着られるものから始めてみるという方法がおすすめです。