着物に映えるメイクのしかた(未婚女性編)

洋服の場合は、顔に立体感を持たせるのがメイクのポイントですが、着物の場合は逆に日本人の顔の特徴を活かして、あくまでもはんなりと上品に仕上げます。着物自体の色柄が鮮やかだったりはっきりしていたりするので、洋服と同じメイクではくどくなってしまうのです。
今回は、未婚女性がどんな点に気をつけてメイクをしたらよいかについてご説明します。

洋服よりも一段明るめのマット系のファンデーションを使う。
まず、髪の生え際1センチぐらいを残して塗り、何も付いていないスポンジで、先に塗ったファンデーションを生え際に向かって伸ばす。それと同じように首にも顔に塗ったファンデーションをスポンジで伸ばしてなじませる。これで顔だけ白浮きすることがなくなる。

チークカラーは着物の色を考えて選ぶが、淡いオレンジやピンク系が自然。目尻から頬にかけて大きくふんわりとぼかす。

アイシャドーは、グリーンやブルーなどのはっきりした色だと下品になるので避ける。ブラウン系を用いて目尻を起点に淡くぼかしを入れると上品。マスカラも濃く付けず自然な感じに。

ムダ毛をカットしてすっきりさせ、黒かグレーのアイブローペンシルの先を尖らせて、毛を一本一本描く要領で眉の形を作り、眉ブラシで自然にぼかして仕上げる。

Tゾーン

オイリーな若い肌は、頬から鼻へかけてのTゾーンの化粧がくずれがちなので要注意。
下地を塗ってティッシュペーパーでおさえてからファンデーションを塗るとくずれが少ない。
油取り紙を携帯し、時々おさえておくことも大事。

ダークな色は不向き。着物の色やチークの色などを考慮に入れ、レッド系やローズ系の明るくきれいな色を。
口紅を塗ってからティッシュペーパーを軽くくわえるようにすると、口紅がよくなじみ、落ちにくくなる。

手・指

和服の場合、意外と手元が目立つので注意。長すぎる爪は品がないのできれいに切りそろえる。マニキュアも濃い色やパールは避け、淡いピンクや透明のものにすると清楚で指先をいきいきと見せることができる。

皮脂対策をしっかりと

若い女性のメイク時の一番の悩みは、やはりTゾーンのテカリやメイクがくずれやすいことではないかと思います。皮脂対策はしっかりしておきましょう。
次回は、既婚女性のメイクのポイントについてご紹介します。

637 PV
CATEGORY :