Page 3

艶っぽさと暖かさの両立!冬の和装には靴下用カイロがお役にたちます
着物の寒さ対策、どうしていますか?うなじは和服姿の命!でも寒い!そんな時は、靴下用の貼るカイロを利用しましょう。和服姿で一番人に見られる襟元。特に襟足からうなじにかけての美しさは日本女性美の代名詞にもされるぐらい人に見られる部分なのです。
820 PV
狐忠信は男の仕事?
四代目市川猿之助と言えばもうおなじみの演目が、「義経千本桜川連法眼館の場」いわゆる「狐忠信の宙乗り」。狐忠信のテーマは親子の情と忠義という割合古いものなのですが、演出手法が新しいので若い歌舞伎ファンが増えるのではないでしょうか?
877 PV
世代を超越する着物センス
「あそこは、よう勉強しはる」と評判の呉服屋のおばあ様が選んでくれた着物。40年たっても時代遅れになることもなく、私たちの実生活で大活躍してました。おばあ様の着物センス恐るべし!
816 PV
究極のぜいたく品 〜 麻の着物
最近、あまり聞かれなくなった言葉に帷子(かたびら)という言葉があります。もともとは着物という意味でしたが、近世になってからは夏物の単衣の着物をさすようになりました。近年では麻の着物のことを帷子といいます。
939 PV
浴衣で街へ出かけよう!
浴衣はもともと、お風呂上りに着るバスローブのようなものでした。浴衣を着て人前へ出るようになったのは江戸時代以降の話です。しかし、夏祭りなどで昼間でも浴衣で繰り出すようになっても、あくまでも、真夏に人込みへ出るにあたって暑さをしのぐための特別な装いだったのです。
1035 PV
夏芝居 〜 夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)
冷房のない時代の芝居小屋といえば、夏は暑苦しくて居心地の悪い場所でした。興行主は、何とか観客を集めるための工夫をします。その工夫のひとつが、背筋がぞっとするおぞましい場面やストーリーです。その場面に本水を使って涼を取る工夫をしたのです。
926 PV
夏にうれしい木綿の着物
木綿の着物は、本来は家着、普段着でした。また、商家や武家の家で「冬でも木綿の着物で生活する」ということは、「倹約する」という意味でもありました。木綿は庶民の普段着、商家や武家の使用人の着物だったのです。しかし、現代の着物事情では少し様相がちがいます。
1045 PV
夏の芸術品 紗と絽
「絽」も「紗」も布の織り方の名前です。縦糸と横糸の間を粗く織ってあるため通風がよく、透けて見えるので見た目にも涼しげです。薄物と呼ばれ、夏のきもの地として古くから愛されています。
890 PV
着付け教室『雪果(SEKKA)』さんと、きものブギウギ『もとやま教室』さん
京都・御所西で着物はじめてさん向け着付けレッスンをしている着付け教室『雪果(SEKKA)』のマリコ先生が、職人の工房へ遊びに来てくれました!光栄です。 喜泉堂 絞りの工房見学 その1|雪果 -SEKKA- 京都 御所西の着付け教室(烏丸今出川 上京区)京都・御所西で、着物はじめてさん向け着付けレッスンをしています♪帯は...
1289 PV
梅雨時の着物
梅雨の季節では、いつもは着物を着て出かける観劇や食事にも、「何もわざわざ着物で行かなくても」という人も多いと思います。一方で、お茶席や結婚式などどうしても着物でないと済まない会合もあります。実は、梅雨の季節ならではの着物の良さもあるのです。
1086 PV