Tagged
着物を着るとやせられる!?
着物を着ればすっきりやせられるなんて、そんなにうまい話はもちろんありません。しかし、着物を着ることで食べ過ぎを防ぐことができるかもしれないとなれば、少し興味が湧く話題ではないでしょうか。
着物姿に垣間見える女心
着物は、その形や着こなしがまるで言葉のような意味や優しさを持っているものです。ただ単に体にまとっておくだけのものとしてではない、着物の本当の楽しみを知れば、もっと着物が着たいと思えてくることうけあいです。
夏着物の素材の楽しみ方
着物には、それぞれの季節に合わせた着こなし方があります。夏の衣替えから残暑までの間を、素材や小物を上手に使い分けて、涼しげな着物スタイルで過ごしましょう。
着くずれ直しの秘策
着物を着ていると、洋服と違って着くずれというものが起こるので、そのたびに直さなければなりません。しかし、着くずれを最小限にとどめ、サッと簡単に直す方法を知っていれば、着物を着ることがもっと快適で楽しいものになります。
1131 PV
テーマ別ゆかたコーディネート
「ゆかたを着てみたいけれど、自分にはどんなゆかたが似合ってどんなコーディネートをしたらよいのか分からない」という人もたくさんいるかと思います。そこで、ベーシック・ノスタルジック・モダン・シックという四つのテーマ別に、ゆかたと帯のコーディネートのしかたをご紹介します。
972 PV
女形の豪華絢爛衣裳
歌舞伎の女形の衣裳には、立役のものよりもさらに豪華で素晴らしいデザインのものが多くあります。衣裳の種類や特徴などを知っていると、その役の身分や職業、経済力や生活環境などまでがすぐ分かるので、歌舞伎を何倍も楽しむことができます。
1052 PV
二万円あればかなう着物ライフ
着物生活を始めてみたいけどお金がかかりそう、と二の足を踏んでしまっている人も多いかと思いますが、小物を手作りしたり代用したりすれば、トータルで二万円かからずに一通り揃えることができます。
1242 PV
続くかどうかの見極めに
着物を着るからといって、気合の入れすぎは考えものです。普段着として着るなら、メイクも髪型も自然な感じにして、いつも通りの生活ができるようにしないと、しんどさを感じて挫折することになってしまいます。初心者の場合は、万が一そうなってしまったときのことを考えて着物や帯を選ぶことがとても重要になってきます。
915 PV
喪服と小物の選び方
喪服には、喪主や近親者が着る正式喪服と、一般弔問客が着る略式喪服とがあります。それぞれの着こなし方の違いを覚えておきましょう。また、夏の喪服はだらしない着物姿にならないよう注意が必要です。
1067 PV
貸衣装を上手に利用しよう
いろいろな着物を着てみたい」「手入れや収納の手間を省きたい」などの理由から、着物をレンタルする人が増えてきています。そこで、貸衣装を賢く利用するポイントをご紹介していきます。
767 PV