木綿

Tagged
浴衣の昔と今
浴衣の素材や着る機会は時を経るごとに少しずつ様変わりしてきました。今回は、浴衣という呼び名の由来から、現代における浴衣という衣服の在り方までを簡単にご説明していきたいと思います。
夏にうれしい木綿の着物
木綿の着物は、本来は家着、普段着でした。また、商家や武家の家で「冬でも木綿の着物で生活する」ということは、「倹約する」という意味でもありました。木綿は庶民の普段着、商家や武家の使用人の着物だったのです。しかし、現代の着物事情では少し様相がちがいます。
1135 PV