ポリエステルの着物のお手入れ

自宅で洗えて、汚れやシワを気にせず気軽に着られ、しかもお手頃価格ということで、ポリエステルの着物の人気が高まっています。しかし、実際はどのようにお手入れをしていいのか不安という人もいるのではないでしょうか。

そこで、洗濯から保管までのお手入れ方法をご紹介します。

汚れていなければ陰干しだけでOK

あまり汚れていないから洗濯機で洗うまでもないというときは、着物が吸った汗やにおいを取り除くために、半日から一日程度ハンガーに吊るしておきます。干す場所は、ベランダの日陰か風通しの良い室内が適しています。ハンガーに吊るすことで、ある程度のシワなら伸ばすことができます。

洗濯機で洗うときのポイント

汚れてしまったりにおいが取れなくなってしまったりして洗う場合は、ハンガーに吊るさずネットに入れて洗濯機で洗います。洗濯機で洗うときのポイントは次の通りです。

  • 必ず大きめのネットに着物をたたんで入れる。
  • 洗濯洗剤は一般的な中性洗剤を適量使い、水かぬるま湯で洗う。
  • 手洗いモードに設定して、脱水は短めに。

注意点

さらに、次のことに注意してください。

  • 洗う際は、柔軟剤を入れてもいいが漂白剤の使用は避ける。
  • 食べこぼし汚れなどが気になる場合は石鹸などでつまみ洗いをしてから、落ちにくい汚れは歯ブラシ等でたたいて落としてから洗濯機に入れる。
  • 脱水をあまり長くしすぎると、干した後のシワの原因に。
  • 干す際は叩いてシワを伸ばし、物干し竿で陰干し。部屋干しなら着物ハンガーに掛ける。
  • 長時間水に浸けたまま放置すると、せっかく落とした汚れがまた付くことも。

保管方法

保管は、洋タンスや収納ボックスなどでOKです。また、防虫剤も特に必要はありません。