まとめ髪のアレンジグッズ

まとめ髪のアレンジグッズ

ロングヘアの場合、洋装・和装にかかわらず髪をまとめていることが多いかと思いますが、同じまとめ髪でも、アレンジのしかたまで同じではなんとなく味気ないものです。ぜひ、着物ならではのアレンジを楽しんでみましょう。

ヘアピンは効果絶大

髪の長い短いにかかわらず、ヘアピンが1本あるのとないのとでは、印象が大きく変わります。着物のときに小さなヘアピンをちょこんとしているだけでも、可愛いらしい印象を与えることができます。

かんざしの選び方と差し方

丸い玉のかんざしには、無駄をそぎ落とした美しさがあります。玉の大きさは、2cmくらいがシンプルできれいです。髪の多い人には、金属製の軸よりも滑りにくい木製のものがおすすめです。

差すときは、髪に右下がりにすると艶っぽく、右上がりにすると若々しくなります。かんざし1本でまとめ髪ができるようになると、その仕草だけでもカッコよく、かつ色っぽく映ります。

コームで手早くきれいに

うまく髪をまとめられなくてお悩みの人には、まとめ髪用のコームがおすすめです。ハーフアップやアレンジに便利なコーム、夜会巻きが簡単に手早くできるコーム、ゴムを隠したい束ね髪やお団子に便利なコームなど、さまざまな種類があります。

お団子の位置は重要

お団子も、位置によって印象が大きく変わります。トップのほうでお団子を作れば元気でキュートな感じになり、小顔にも見えます。対して、下のほうで作れば落ち着いた感じになり、おしとやかな印象になります。

ポップな着物ならお団子は上のほうに、はんなり系のときは下のほうに作るといいと思います。
ただし、お団子の位置が低すぎると老けて見えてしまうこともあるので気をつけましょう。