江戸時代

Tagged
小袖の艶やかな着こなし方
もともとは下着だった小袖ではありますが、芝居などでよく見かけるように、江戸時代には実に艶やかで色っぽい着物として広く着られるようになりました。
江戸の二大デザイン
江戸時代に小紋と並んで人気の高かった縞柄。これは現代でいうストライプ柄のことなのですが、当時の縞柄には、この言葉から想像されるような明るくさわやかな印象はありませんでした。
着物の歴史と変化(鎌倉時代〜江戸時代)
鎌倉時代から江戸時代にかけては、武士の時代になったということもあって、より動きやすい服装に変わり、外国文化の影響でそれぞれがファッションにおける個性をより発揮できるようになったと言えるのではないかと思います。
2158 PV