着物( 2 )

Tagged
着物のときのメイクアイテム
洋服のときと同じく、着物のときにもメイクにはこだわりたいものです。ただし、トータルバランスや注目の集まる部位が洋服のときと異なる場合もありますので注意しましょう。
着物に合わせるアクセサリー
着物のとき身につけるアクセサリーは、着物ならではの雰囲気を崩さないものを選ぶのがポイントです。礼装・準礼装のときには上品でシンプルなもの、趣味の着物のときには遊びの要素のあるものをというように、それぞれのTPOに合わせて楽しみましょう。
着物のときの家事アイテム
普段着として着物を着ている人にとっては、いかに日常の動作がしやすいかということや、いかに着物を汚さずに済むかということが重要になってきますが、それらをかなえる便利なアイテムはたくさんあります。
着物に合うバッグ
着物のときは、どんなバッグを合わせたらいいかつい迷ってしまうものですが、TPOや季節感を考えて選べば、あとは洋服のときと同じ感覚でいいのです。
衿周りのおしゃれ
着物の小物は上半身に集中します。半衿、帯揚げ、帯、帯締め、帯留め、羽織紐などおしゃれポイントが全て胸に集中するのです。どれかこの場合、おしゃれポイントはひとつに決めて、他のものは大人しいものにした方が印象的で上品なおしゃれが楽しめます。
ショールのおしゃれなあしらい方
ショールは単に寒さをしのぐだけのものではなく、素材や織り方によって、エレガントにも個性的にも装える便利なアイテムです。TPOに合わせてコーディネートを楽しんでみましょう。
根付にこだわってみる
根付は、帯周りが寂しいときや、着物や帯に季節感を出したいとき、またはお出かけ先に関するものを身につけたいときなどにアクセントになってくれるスグレモノです。ぜひオリジナリティを発揮してこだわってみましょう。
1740 PV
半衿をもっと楽しもう
半衿の基本色は白ですが、素材によっては白すぎて見えたり、なんとなく味気なく感じたりすることもあります。もっといろいろな素材や色柄の半衿で遊び心を発揮してみませんか?
1690 PV
風呂敷の便利な使い方
どんな形のものでも美しく包めて、そのうえ用が済めば小さくたためる便利な風呂敷には、たくさんの便利な使い方があります。着物で出かけるときにこそバッグに入れて用意しておきましょう。
2113 PV
「着物が似合う・似合わない」とは
歌舞伎の家に生まれ育った人は誰でも最初から着物の着こなしが上手であるように思ってしまいますが、実はそうでもなさそうです。当代中村吉右衛門さんの著書より、そのエピソードをご紹介します。
2766 PV